通常よりも安く!|命をおとす危険のある病気!フィラリア症!

命をおとす危険のある病気!フィラリア症!

通常よりも安く!

薬が入ったシートと薬瓶

フィラリア予防薬などの予防薬は、一度の服用だけではなく、長期にわたって服用することになる医薬品です。速効性を求めていたり、一度の利用で済むものなら少し高めに設定してある医薬品であっても悩むことなく購入することができますが、長期にわたって利用するものに関しては、やはり値段と質で悩む人も多いでしょう。
なるべく安く購入はしたいけれど、安いから効果の弱いものや信用できないものは購入したくはありません。そこで最近よく耳にするのが、ジェネリック医薬品と呼ばれる医薬品なのではないでしょうか。病院で処方箋を出してもらい、薬局へ行くとその新薬のジェネリック医薬品が出ている場合には、ジェネリック医薬品にするかどうか聞いてくれるところがほとんどでしょう。実際にジェネリック医薬品を購入すると、新薬に比べて5000円ほど安くなるようになっていますし、効果は同じと言われているのでジェネリック医薬品を選ぶ人も多いです。では、ジェネリック医薬品がなぜそんなに安く済ませることができるのか?気になる人もいるのではないでしょうか。ジェネリック医薬品と新薬では、開発にかける期間が違うことが理由としてあげられています。ジェネリック医薬品は、新薬の有効成分を使って新たに飲みやすく開発しているものなので、開発期間は大体5年ほどだと言われています。ところが、新薬では最初に成分が安全であるかどうかというところから入っていかなければならないので、成分が安全なのか、どの病原菌に対応できるのかを含めると開発は大体17年ほどかかってしまいます。開発期間が違うので、もちろん開発にかかる費用もジェネリック医薬品と新薬とでは変わってきます。このように、開発期間にかかる費用が違っているので、ジェネリック医薬品は安く販売するように指示されているのです!

↑ PAGE TOP